デトロイト・タイガース

a0001_013843

 

ア・リーグ中地区「デトロイト・タイガース」(略称DET)は本拠地をミシガン州デトロイトにあるコメリカ・パークにしているチームです。

1901年ア・リーグ設立時に加盟しています。

日本の阪神タイガースもこのデトロイトタイガーズに工業都市つながりで由来しています。

有名な名門チームとして、1935年、1945年、1968年にワールドシリーズ優勝。
そして1984年、名将スパーキー・アンダーソン監督の下、開幕から35勝5敗という快進撃でリーグ優勝を果たし、通算4度目の世界一に輝きました。
このときは元阪神タイガースのセシル・フィルダーも在籍し、ベーブ・ルース以来の3年連続打点王に輝きました。

それ以降は低迷が続き、2006年、ジム・リーランド監督が就任すると怒涛の快進撃をみせ、19年ぶりのプレーオフ進出を決めました。

プレーオフではヤンキースとアスレチックスを破り、アメリカンリーグを制覇しました。

翌年には念願の世界一を狙いましたが、投手陣に故障者が続出してしまい、ワールドカードを逃してしまいました。

現在アメリカン・リーグ中区3位
昨年は中区優勝しましたがリーグ優勝決定シリーズで敗退しているので、今年はがんばってほしいですね。

 

 

Comments are closed.