テキサス・レンジャーズ

ア・リーグ西地区「テキサス・レンジャーズ」(略称TEX)は本拠地をテキサス州アーリーントンのあるレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンとしたチームです。

1961年、ワシントン・セネタースとして新設されました。
1972年にテキサスに移転し、レンジャーズに改名しました。

1994年に初めての地区優勝。
しかし、ストライキのため、シーズン打ち切りとなってしまい、プレーオフ初出場を逃してしまいました。

1996年にも地区優勝を果たしましたが、ポストシーズンはいずれもディビジョンシリーズで敗退してしまいました。

2000年からの4年間は投手陣の補強に失敗し、地区最下位と低迷、苦戦をしられます。

2010年には11年ぶりの地区優勝を果たし、創設して以来50年はじめてのワールドシリーズに出場しました。
2011年も開幕から地区1位を走り続け、2年連続地区優勝、ワールドシリーズ出場を成し遂げた。
しかし、念願のチーム初となる世界一はの座には惜しくもつけなかった。

日本人の活躍としては、2006年に大塚晶則をトレードで獲得、クローザーとして32セーブを挙げました。

2007年、投手で楽天ゴールデンイーグルスの福盛和男を獲得しました。

そして昨年、北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムでメジャー移籍を目指していたダルビッシュ有との交渉権を獲得、6年契約で合意しました。
ダルビッシュが加入したことで今、とても注目を浴びているチームです。

 

 

Comments are closed.