シカゴ・ホワイトソックス

ア・リーグ中地区「シカゴ・ホワイトソックス」(略称CWS)は本拠地をイリノイ州シカゴにあるUSセルラーフィールド(通称CHSOX)としたチームです。

1901年、ア・リー誕生時に加盟しいきなり初代王者に輝きました。
1906年にはワールドシリーズでシカゴ。カブスを破って初優勝
1917年も世界一となったが、1919年のワールドシリーズで九誌に残る「ブラックソックス事件」が起こって、その後チームは低迷してしまいました。

その後、2000年にリーグ地区優勝、2005年にプレーオフに出場、88年ぶりにワールドシリーズを制覇しました。

このとき日本人選手として井口資仁が在籍、優勝を味わいました。
高津臣吾も2005年7月まで在籍していました。
2012年に福留孝介が加入しています。

現在はアメリカン・リーグで2位
2005年以降地区優勝していないので、今年はがんばってもらいたいですね。
福留選手も活躍できたらいいな。

ちなみに「ブラックソックス事件」とは1919年、圧倒的強さと言われながら、8選手が八百長に加担「故意に敗退した」という事件です。
その8人の選手は永久追放になってしまいました。
この大事件は映画「フィールド・オブ・ドリームズ」などでも描かれています。

 

 

Comments are closed.