Archive for the ‘未分類’ Category

切らないワキガの治療方法

ワキガ手術には様々な方法があります。中にはメスを使わないものもあり、電気による治療法や、発汗を抑える薬液を注入する治療法もあります。神経からの信号をブロックすることでしわの治療などにも使われているボトックスは、ワキの汗を減らすことができるとされています。ワキの汗腺が集中している部分にボトックスを注射することによって、ワキガの源である汗を抑制します。

 

ボトックス注入という治療方法は効果が持続しません。定期的にしなくてはいけないというデメリットがあります。ワキガ治療の1つに、インフォレーゼ法という方法があります。薬液をひたしたガーゼをワキの下にあて、電気を流します。ワキガ治療が順調にすけば、アポクリン汗腺もエクリン汗腺も閉じさせることができます。ワキガの治療法に、電気分解法という方法があります。汗腺に針を挿入し、高周波の電気を流し込むことでアポクリン汗腺にダメージを与え、ワキガ臭を消すというものです。

 

全てのアポクリン汗腺に1つずつ針を刺し、電気を通すという、時間のかかる治療方法です。結構な痛みがあるという方法ですが、エステによっては麻酔ができないこともあります。皮膚を切らないワキガ治療もいくつか種類があります。短時間で終わるワキガ治療や、痛みがほとんどない治療の場合、永続的な効果はなく、しばらくすると元に戻ってしまったりします。ワキガ治療について調べる時には、様々な角度から情報収集をして内容をチェックしましょう。

 

 

 

 

 

わきがの手術と注意点

わきがを治すやり方には、手術以外にも吸引法や汗が出なくするなどのやり方がありますが、どうしても個人差があるようです。手術以外の方法として、例えばボトックス法がありますが、これは効果が長続きしないと言われています。最も効果が出るのはやはり手術を行なうことですので、ほんとうにわきがを何とかしたい人は手術を考えるべきでしょう。わきがの手術自体は、実績の多いクリニックで行えばほとんど危険はなく、入院する必要もありません。

 

術後1~2週間は傷口がふさがらないため、きちんとしたお手入れをしなければなりません。わきがの手術後は、病院の指示にそった生活をすることが重要です。普通、わきがの手術を受けた後はテーピングなどをすることで傷口を覆い、わきの下を濡らさないように気をつける必要があります。傷口がふさがらなくなりますので、抜糸を済ませるまでの間は腕を上に上げるような動きは慎むべきです。手術後に安静を保っていないと、傷口がいつまでたってもふさがりません。

 

わきがの手術に関しては、可能であれば汗をかきにくい冬場のほうがいいでしょう。夏に手術すると汗をかきやすく、傷口に雑菌が繁殖しやすいので特に注意が必要です。傷口に異変を感じるようであれば、すぐに手術をした病院へ行って処置をしてもらうことです。傷口が化膿すると色素が沈着しますので傷痕が残りやすくなります。わきがの手術後は可能な限り清潔を保つことが大事です。

 

 

 

 

 

プロテインダイエットに使用するプロテインの選び方

この頃は、ダイエットにプロテインを利用するやり方があるようですが、プロテインサプリメントは何を使えばいいでしょう。プロテインとは、たんぱく質のことです。たんぱく質は体の主要な部分を構成する重要な成分で、髪、内臓、皮膚、筋肉などをつくっています。この頃はプロテインダイエット用に売られているプロテインの種類も豊富になってきているため、選択基準がわからないという方もいるようです。

 

プロテインの選び方の一つの基準としてあげられるのは、たんぱく質をどれくらい含んでいるかということです。プロテインダイエット用のサプリメントと記載されていながら、たんぱく質の量が多くない商品もあります。もしもプロテインをダイエットのために使うなら、プロテイン70%以上配合のサプリメントを選ぶと安心できるでしょう。何からつくられているプロテインなのかは、サプリメントを選択する際には大事です。サプリメントに使われるプロテインの材料は、大きく2つあります。

 

プロテインサプリメントの材料のうち1つは、大豆プロテインです。大豆はボリュームがあるので、大豆プロテインはダイエット向いている材料です。牛乳など乳製品に含まれているたんぱく質からつくられるものがホエインプロテインで、ホエインは乳清ともいいます。ホエイプロテインは、アミノ酸バランスが良いだけではなく、免疫力をアップさせる成分も入っています。飲みやすく、風味もいいので、毎日飲み続けやすい種類のプロテインといえるでしょう。プロテインサプリメントを活用して、ダイエットを成功させていきましょう。

 

 

 

プロテインダイエットの方法について

近年、プロテインダイエットをする人が増加していますが、どんなやり方でダイエットをするのでしょう。ダイエットに使うプロテインは、牛乳や水によく溶かして飲む傾向にあります。牛乳や水は、冷たすぎると溶けにくいことがあるようですが、熱すぎてもいけません。プロテインは60度以上の熱でかたまってしまうためです。溶かす場合には、ぬるま湯程度に温めたものを使いましょう。

 

この頃は、プロテインダイエットに使うたるのプロテインが、様々なメーカーが売られています。ココア味、バナナ味、いちごみるく味など色々な味付けのプロテインが開発されており、長く続けても飽きが来ないよう工夫されています。もしもプロテインを使ったダイエットをする場合は、たんぱく質を多く取りすぎないようにくれぐれも気をつける必要があります。もしも体内に取り入れきれないほどのたんぱく質を摂取した場合、たんぱく質が体内で腐敗しかねません。

 

もしもダイエット用にプロテインを摂取し、食事と置き換えているという人は、摂取後に激しい運動をしないようにします。プロテインだけでは運動のためのエネルギーを作り出すのに必要な炭水化物を確保することができないからです。そんな状態できつい運動を続けていると、結果的に肝臓や腎臓を痛めてしまうことがあります。プロテインを食事の代替として利用するダイエット方法を実践している場合は、純粋なプロテインサプリメントではなく、他の栄養成分も含まれているものにしましょう。

 

 

 

プロテインを利用したダイエットの効果

a0003_001621
 

近年では、プロテインダイエットをする女性も多いようです。高たんぱく質の健康食品がプロテインであり、これを使ったダイエットです。運動によるダイエット効率を高めるために、プロテインサプリメントを摂取するのがプロテインダイエットの主な手法です。プロテインには2つの種類があります。1つはスポーツ選手のために開発された、たんぱく質の含有量が多いプロテインです。筋肉をふやすことがこのプロテインの目的です。

 

もう1つのプロテインとは、健康増進や体の成長をサポートするためのプロテインサプリメントです。純粋なたんぱく質のサプリメントでありませんが、鉄、カルシウム、ビタミンなどを取り入れることができます。健康維持に役立つ栄養成分を効果的に配合したサプリメントが、プロテインのサプリメントです。このプロテインサプリメントを使って、健康にいいダイエットをすることができるというわけです。食後1時間か、運動後1時間を目安にプロテインを体内に取り入れることによって、プロテインダイエットをすることができるといいます。

 

プロテインによるダイエットの影響を期待するなら、この時間がいいでしょう。食事は、体内のインシュリン量が増加するといいます。インシュリンが分泌されると、たんぱく質が素早く吸収されるので、食後に摂取するのが良いといわれているのです。運動の直後は、疲労した筋肉のリカバリーがされているため、たんぱく質の吸収率がアップします。いつプロテインサプリメントを使えばよりダイエット効果を上げることができるのか、じっくり考えて使ってみてください。

 

 

 

 

 

テキサス・レンジャーズ

ア・リーグ西地区「テキサス・レンジャーズ」(略称TEX)は本拠地をテキサス州アーリーントンのあるレンジャーズ・ボールパーク・イン・アーリントンとしたチームです。

1961年、ワシントン・セネタースとして新設されました。
1972年にテキサスに移転し、レンジャーズに改名しました。

1994年に初めての地区優勝。
しかし、ストライキのため、シーズン打ち切りとなってしまい、プレーオフ初出場を逃してしまいました。

1996年にも地区優勝を果たしましたが、ポストシーズンはいずれもディビジョンシリーズで敗退してしまいました。

2000年からの4年間は投手陣の補強に失敗し、地区最下位と低迷、苦戦をしられます。

2010年には11年ぶりの地区優勝を果たし、創設して以来50年はじめてのワールドシリーズに出場しました。
2011年も開幕から地区1位を走り続け、2年連続地区優勝、ワールドシリーズ出場を成し遂げた。
しかし、念願のチーム初となる世界一はの座には惜しくもつけなかった。

日本人の活躍としては、2006年に大塚晶則をトレードで獲得、クローザーとして32セーブを挙げました。

2007年、投手で楽天ゴールデンイーグルスの福盛和男を獲得しました。

そして昨年、北海道日本ハムファイターズからポスティングシステムでメジャー移籍を目指していたダルビッシュ有との交渉権を獲得、6年契約で合意しました。
ダルビッシュが加入したことで今、とても注目を浴びているチームです。

 

 

シアトル・マリナーズ

ア・リーグ西区「シアトル・マリナーズ」(略称SEA)は本拠地をワシントン州シアトルにあるセーフコ・フィールドにおいているチームです。

もう日本人ならみんなご存知ですよね。
あのイチローが所属しているチームです。

1977年のリーグ拡張で誕生しました。
「マリナーズ」という名前は一般公募で決定しています。

創設当初は14年連続負け越していました。
1992年任天堂の山内社長が出資しランディ・ジョンソンやケン・グリフィーらが加入するとともに力をつけてきた。

1995年初の地区優勝、その後も1997年、2001年と3度地区優勝しています。

イチローが入団した年はア・リーグ最多の年間116勝をマークしました。
そして2004年イチローがシーズン262安打の偉業を成し遂げています。
しかし、イチローが活躍する中チーム自体は地区最下位と苦戦をしいられていました。

捕手補強のため、ソフトバンクホークスから城島健司を獲得するなど補強に積極的に取り組んでいます。

2007年には城島とイチローの日本人が期待通りの活躍をして2位に浮上しました。

今年は岩隈久志と川崎宗則選手も在籍しました。
日本人選手が注目されるシアトルマリナーズを応援したいですね。

 

 

オークランド・アスレチックス

ア・リーグ西地区「オークランド・アスレチックス」(略称OAK)は本拠地をカリフォルニア州オークランドにあるオードットコー・コロシアムにおいたチームです。
チーム名が長いことから「エーズ」と呼ばれることもあります。

1901年フィラデルフィアで結成され、1955年にカンザスシティーに移転、1968年現在の本拠地オークランドに移転しました。
オークランドに移転後「アスレチックス」となっています。

1972年からワールドシリーズ3連覇していて、1988年からは3年連続リーグ優勝、1989年にはジャイアンツを破って9度目の世界一に輝きました。

名門のアスレチックスですが近年は慢性的な観客動員数減少に悩まされており、財源縮小のため主力選手が次々と移籍してしまっていますが、ビリー・ビーンGMのマネーボールで力を維持しています。

2005年には阪神タイガースの藪恵荳選手も在籍していました。

2007年、2008年と負け越しているので、今は若手有望株を獲得し再建を図っています。

現在アメリカンリーグ西地区第2位です。
若手が育ったちかい将来が楽しみですね。
強いアスレチックスが期待されています。

 

 

デトロイト・タイガース

a0001_013843

 

ア・リーグ中地区「デトロイト・タイガース」(略称DET)は本拠地をミシガン州デトロイトにあるコメリカ・パークにしているチームです。

1901年ア・リーグ設立時に加盟しています。

日本の阪神タイガースもこのデトロイトタイガーズに工業都市つながりで由来しています。

有名な名門チームとして、1935年、1945年、1968年にワールドシリーズ優勝。
そして1984年、名将スパーキー・アンダーソン監督の下、開幕から35勝5敗という快進撃でリーグ優勝を果たし、通算4度目の世界一に輝きました。
このときは元阪神タイガースのセシル・フィルダーも在籍し、ベーブ・ルース以来の3年連続打点王に輝きました。

それ以降は低迷が続き、2006年、ジム・リーランド監督が就任すると怒涛の快進撃をみせ、19年ぶりのプレーオフ進出を決めました。

プレーオフではヤンキースとアスレチックスを破り、アメリカンリーグを制覇しました。

翌年には念願の世界一を狙いましたが、投手陣に故障者が続出してしまい、ワールドカードを逃してしまいました。

現在アメリカン・リーグ中区3位
昨年は中区優勝しましたがリーグ優勝決定シリーズで敗退しているので、今年はがんばってほしいですね。

 

 

クリーブランド・インディアンズ

ア・リーグ中地区「クリーブランド・インディアンズ」(略称CLE)は本拠地をオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールドしたチームです。

1901年アメリカン・リーグ創設時に加盟。「インディアンス」というニックネームは地元新聞社がチーム名を募集し、その中から決まったそうです。

1920年にワールドシリーズを初制覇。
1948年に二度目の世界一になったが、その後は低迷してしまいました。

映画「メジャーリーグ」の題材になったチームです。
映画の公開とともにチーム力がアップして1995年から1999年までは5年連続でプレーオフに出場しています。

日本人選手としては2003年に立教大のエースだったにも関わらずドラフトに上がらなかった多田野数人がマイナー契約し2004年7月に先発初勝利をあげました。
2007年に千葉ロッテマリーンズから小林雅英選手を獲得しています。

その2007年にはサイヤング賞を獲得したCC/サバシア、ゴールドグラブ賞を獲得したグレイディ・サイズモアなどの若手選手が成長し、6年ぶりに地区優勝を果たしました。

2009年には大家友和が在籍、2011年からは福留孝介が在籍しています。